• 大西千明

痛くなく、自宅で簡単「がんリスク評価」


突然ですが、みなさんは毎年、がん健診に行かれていますか?

最近読んだ本で、「大腸がんの権威である医師が毎年大腸がんの検診を受けていたのに、胃がんになってしまった」とありました。 いくらがん健診に行っても部位によっては見つからないですよね。

私は身内をがんで亡くし「がん」と聞くと恐怖心が先に立ってしまいます。 みなさんの「がん」に対する感覚はどのようなものですか?

がんにはかかりたくない!

がんは人ごと!

かかった時は仕方がない!

健康に気を使っているので大丈夫!

様々な感覚があると思います。

しかし、がんはやはり大変恐ろしい病気です。 そして今の日本は3人に一人が患っている病気。 そう、がんにかかってしまうと、死を待つのみというイメージがあります。

がんにならないよう、ストレスを溜めない生活を送ることが大切です。

今の世の中は、ストレスをコントロールすることが難しいですね。 食事や生活スタイル、人間関係、仕事でのトラブルなどなど、様々な場所でストレスが相当かかってきてるのは間違いありません。

がんへの恐怖を全面に考えるのではなく、予防をしっかりとしましょう。

できるだけ、意識的に腹式呼吸を使って呼吸を整えることが大切です。

食事もなるべく添加物は避ける。 お酒やタバコの習慣を抑える。 運動をするよう心がける。 感謝の気持ちを取り入れる。 笑うことを心がける。 体温を下げないよう工夫する。

どうですか。 毎日意識的にできていますか?

多くの皆様に知っていただきたいのは、がんは決して治らない病気ではないということです。

どういうことかというと、早期発見であれば、完治できるということを、どうか認識してください。

日本の技術は進んでいます。 今は自宅で簡単に「がんリスク」をチェックできます。 自分の細胞が今どの程度、酸化ストレスを受けているのか。がんリスクがどのくらいあるのか。 この2種類を検査することができるんです。

自分の細胞を知れば、健康に対してもっと真剣に生活リズムや食生活を改善することができますので、がん予防ができるのです。

いつも笑顔で家族や職場の仲間と暮らしたい。 そんな中から生まれたこの「がんリスク評価」

ご興味のある方はしたのURLから http://ad-preventme.com/?acd=UkRMliDN&scd=aPcBnBf3 詳しく説明しています。 もちろん電話でのサポートもあるのでどうぞ。

長野県はがん撲滅運動を推進しています!

http://ad-preventme.com/?acd=UkRMliDN&scd=aPcBnBf3


25回の閲覧

TAISEI Corporation 2020

  • Facebook App Icon